ゆらめく憂鬱

もったりクリームみたいな

シャングリラ

f:id:yuramekichan:20190912100133j:image

こんばんは。鬼の昼夜逆転、ゆらめきちゃんです。

 

アイドルソングの語彙 

何事にも語彙体系が存在する、と日本語学の授業で習った。図書館の奥の方には、語彙体系をまとめた辞典が並ぶ。「芥川龍之介文学の語彙」「宮沢賢治語彙辞典」なんてものがあり得るなら、アイドルソングにだって独自の語彙体系があるはずだ。

「シャングリラ」って、知識として知ってはいるけど、日常生活ではまず使わない。話題に上がらない。でもアイドルソングにはよく出てくるから、アイドルソングの語彙として認定したい。

 

青い月のシャングリラ

作詞:吉田詩織 作曲:岩井雄太

Wake Up,Girls!の七瀬佳乃ちゃん(cv:青山吉能)のソロ曲。1曲目からドマイナー。でもこれ本当にいい曲。というか青山吉能さんのソロ曲ハズレがないんだ。全部いい曲。これってすごいことだよ。来世でアイドルになれたら、わたしもこうなりたい。ソロ曲当たりメンは最強。(持論)

シンプルな電子音J-POP。大きく転調することもなく、一貫して同じリフで構成されてて聴きやすい。無駄な装飾がない感じ。でもラスサビに入る前、Cメロがすごく情熱的で、歌詞もクールで佳乃ちゃんっぽくてさすが吉田詩織さん!!!!わたしはこういう強い女な歌詞が大好きです!!!あと月のこと歌ってる曲はだいたい良曲。

不変を疑わないシャングリラ きっと驚くでしょう

青い月は成長して 煌々と世界を照らしている

 

Shangri-La Shower

作詞:畑亜貴 作編曲:倉内達矢

みんな大好きラブライブ!から1曲。超キラキラ多幸感系~と見せかけ、夏は必ず終わるもの、どこか切なくて儚げなまごうことなき名曲。9人のコーラス追いかけっこが幸福感を底上げしてくれてる。「夏休みはずっと終わらない、終わらせない」ことを強調しているんだけど、裏を返せば、「終わりがあるから終わらせたくない」んだよね。作中でも、μ’sは同じメンバーでいられる1年でおしまいにする、という決断をしたから、時間制限の中で生きていた彼女たちのさみしさ、切なさが陰に隠れているのかも。深読み!!!

(Festivai)終わりたくないから(Festival)踊り続けて

君は君のしたいことを教えてよね Say yes,Come on!!

 

なんてったってシャングリラ

 作詞作曲編曲:浅野尚志

でんぱ組.incの2013年発表アルバム「WORLD WIDE DEMPA」収録曲。アルバム曲なのにベスト盤に収録されてる。なぜなら作詞作曲はあの浅野尚志さん。浅野さんはでんぱだとほかにも「ギラメタスでんぱスターズ」とか「バリ3共和国」とか提供してくださってる。(ほかにもたくさんあるしほとんどシングルA面曲。すごい。)安心と信頼の浅野さん。ラブ。

曲自体はすごくアッパーなライブチューン。全体的に民族楽曲?アラビアン?なちょっとおまぬけな感じが漂っていてかわいい。ソロパートがとにかく多くて、声質とか歌い方の個性が分かりやすい不思議な曲!でんぱ6人時代、マジでキャラがばらけすぎているので誰のパートかすぐわかる。なんだかんだ今も好きだけど、このときの無敵感ったらなかった。懐古厨でごめん。とにかくすごく好きな曲です。

スポットライト キラリ照らされて 溶けちゃうココロはオーバーヒート

魔法よ冷めないでね でんぱはフォーエバー

 

glossy world

 作詞:こだまさおり 作曲:山田高弘

この曲はタイトルじゃなくて歌詞にシャングリラが登場します。マキナXというバーチャルアイドルの持ち歌で、cvまさかの三森すずこさん。生身の人間アイドルであるWake Up,Girls!のライバルとして出てくるため、三森さん、わざと無機質な感じで歌ってる気がする。三森さんはラブライブ!の園田海未ちゃん役でも歌っているけど、歌い方も声も全然違う。海未ちゃんのソロ曲には「私たちは未来の花」というたまげるほどのありえん名曲があるのですが、印象がほんとに違うんですよねえ。マキナは機械だから、無機質で、でも海未ちゃんよりはきゅるりとかわいく歌い上げてる。(海未ちゃんはかわいいのが苦手でシャイなクール系だから)わかるように差異をつけられて、声優さんってすごいなあ。オイラはこのことに気づいてから男女問わず声優さんが好きになりました。ようこそ声優沼。

 心が君を選ぶシャングリラ

世界はハッとするほど 愛に包まれているから 

 

「シャングリラ」、「天国」とも「ヘヴン」とも違った謎の異様さというか、ちょっと不気味だけど、危ういかわいさがある感じがして、個人的にすごく気になる言葉です。

最後に、アップルミュージックで電気グルーヴのShangri-la聴けなくなったのおれは許してねえからな(怒)金払ってんだこっちは(怒)